お勧めの投資

マンション

マンション経営はローンを利用して始めることが出来るため、あまり多くの資金を持っていなくても始めることが出来ます。しかし、マンション経営には空室のリスクが付きまといますので、空室リスクの対策として物件の管理をしっかりと行うことが重要となります。

詳細を確認する

経営を任せるシステム

メンズ

サブリースは副業で不動産投資を始めようと考える人に適したシステムであり、面倒をかけずに投資を始めることができます。不動産会社が物件を経営することになるため、家賃保証もあり管理も行ってくれるサービスです。

詳細を確認する

見直しで予算も変わる

つみき

マンション管理会社は建築会社や不動産会社とセットで契約することが多かったものですが、現在ではマンション管理会社のサービスも会社によって変わってきており定期的な見直しを行っているオーナーも数多く存在します。

詳細を確認する

アパートを購入する

男性

日本におけるアパートとは、集合住宅の一種で木造または軽量鉄骨造の2階から3階までの低層のものを指します。部屋数は4部屋以上が一般的で1間から2間程度の広さの部屋があるものです。アパートは建物の建設費が安いこともあって、マンションと異なり不動産投資のハードルが低いもので、少し大きめの一戸建てを作る程度の費用で作ることができます。アパートによる不動産投資をする場合には、自らアパートを建てるか売りアパートを購入することになります。売りアパートの場合にはすでに収益化されているので、将来に得られる収入がわかりやすいといったメリットがありますが、アパートへの入居者の属性によってはトラブルの原因になるため注意が必要です。

売りアパートを購入するさいの注意点は立地などのほかすでに入居している人の属性があります。アパートはワンルームであることが多く、多くは単身者や夫婦だけといったところが一般的な入居者です。このさいに年齢が若ければ将来的に出ていく可能が高くなりますし、反対に高齢の場合には将来的に家賃収入を安定的に得られるかわからないといったことがあります。このため購入した段階で何年程度は安定して収入を得られるのかを計算する必要があります。また売りアパートでも築年数が新しく立地も十分であれば、そのままでも十分に集客力がありますが、築年数が経過している場合にはリフォームを行う必要があります。このため将来的に何年程度でリフォームする必要があるか理解しておく必要があります。